1000Vを超えるネオン放電灯の工事

  • ネオン変圧器で電圧を昇圧して、ネオン放電灯を点灯させる。
  • ネオン変圧器一次側への配線は、15A分岐回路又は20A配線用遮断器分岐回路とすること。
  • ネオン変圧器ニ次側(管灯回路)の配線は、展開した場所又は点検できる隠ぺい場所に施設すること。
  • ネオン変圧器の外箱に、D種接地工事を施すこと。
  • 管灯回路の配線は、ネオン電線によるがいし引き工事とすること。
  • 電線の支持点間の距離は1[m]以下とすること。
  • 電線相互の距離は6[cm]以上とすること。
  • ネオン放電灯に簡易接触防護措置※1を施すこと。

※1:簡易接触防護措置
設備に人が容易に接触しないように講じる措置のことをいう。
金属製のものであって、防護措置を施す管と電気的に接続するおそれがあるもので防護する方法を除く。





関連する過去問題例①