平成26年度下期筆記試験

問題1.一般問題(問題数30、配点は1問当たり2点)

【注意】 本問題の計算で √2、√3及び円周率πを使用する場合の数値は次によること。
√2=1.41、√3=1.73、π=3.14

次の各問いには4通りの答え(イ、ロ、ハ、ニ)が書いてある。それぞれの問に対して答えを1つ選びなさい。

01 02 03 04 05
06 07 08 09 10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30


問題2.配線図(問題数20、配点は1問当たり2点)


図は、鉄筋コンクリート造の集合住宅共用部の配線図である。この図に関する次の各問いには4通りの答え(イ、ロ、ハ、ニ)が書いてある。それぞれの問に対して、答えを1つ選びなさい。

【注意】
1.屋内配線の工事は、特記のある場合を除き600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル平形(VVF)を用いたケーブル工事である。
2.屋内配線等の電線の本数、電線の太さ、その他、問に直接関係のない部分等は省略又は簡略化してある。
3.漏電遮断器は、定格感度電流30mA、動作時間0.1秒以内のものを使用している。
4.選択肢(答え)の写真にあるコンセント及び点滅器は、「JISC0303:2000構内電気設備の配線用図記号」で示す「一般形」である。
5.配電盤、分電盤及び制御盤の外箱は金属製である。
6.ジョイントボックスを経由する配線は、すべて接続箇所を設けている。
7.3路スイッチの記号「0」の端子には、電源側、又は負荷側の電線を結線する。

31 32 33 34 35
36 37 38 39 40
41 42 43 44 45
46 47 48 49 50