接地工事

  • 電気機械器具の金属製外箱・鉄台を大地に電気的に接続(接地)することにより、感電したときの衝撃を緩和する。
  • 接地抵抗の値は小さいほどよいが、土壌の性質等で小さくするこが困難な場合がある。



電気機械器具の接地工事

使用電圧 接地工事の種類
接地抵抗値
接地線の太さ
300[V]超え C種接地工事
10[Ω]以下 1.6[mm]以上
300[V]以下 D種接地工事
100[Ω]以下 1.6[mm]以上
使用電圧と接地工事の種類 接地抵抗値と接地線の太さ
300[V]超え
C種接地工事
10[Ω]以下
1.6[mm]以上
300[V]以下
D種接地工事
100[Ω]以下
1.6[mm]以上


※電路で生じた地絡を、0.5秒以内に自動遮断する装置を設置している場合は、500[Ω]以下とすることができる。



D種接地工事の省略要件


  • 対地電圧150[V]以下の機械器具を乾燥した場所に施設する場合。
  • 機械器具を乾燥した木製の床その他これに類する絶縁性のあるものの上で取り扱うように施設する場合。
  • 電気用品安全法の適用を受ける2重絶縁構造の機械器具を施設する場合。
  • 水気のある場所以外の場所に施設する機械器具に電気を供給する電路に電気用品安全法の適用を受ける定格感度電流15[mA]、動作時間が0.1秒以下の電流動作型の漏電遮断器を施設する場合。
  • 電気を供給する電路の電源側に、二次電圧が300[V]以下で定格容量が3[kV・A]以下の絶縁変圧器を施設し、かつ、負荷側の電路を接地しない場合。



関連する過去問題例①





関連する過去問題例②





関連する過去問題例③





関連する過去問題④





関連する過去問題⑤





関連する過去問題⑥





関連する過去問題⑦